教育・社会問題

【STAP細胞】小保方さんの態度について思うこと【ねつ造?】

stap

すごい今更ですが、小保方さんのSTAP細胞問題について感じたことを書きたいと思います。

率直に思うこと

まず率直に小保方さんは嘘をついてるんだろうなと思います。
理由は様々ありますが、『ねつ造じゃないなら再現できるよね?』ということです。
STAP細胞はあるというのだからもう一度作れば全て解決し疑惑も晴れる。
なのにそれをしないということは『できない』『STAP細胞なんてない』ということなのでしょう。
問題は意図的であったかどうかに絞られると思いますが、会見や論文などを見ているとどう考えても意図的だったんだろうなと感じます。

生物系研究はそもそも再現性が低いらしい

再現性
何かで読んだ記憶によれば生物系の論文の半数以上は再現不可能であるとか。
その理由が

  • そもそも生物という複雑系を扱っているため
  • 実験が長期間必要なものが多いため

などだそうです。
しかしだからと言って、それを利用してねつ造を行っていいわけではありません!
小学生でもわかります!

実は科学特許のデータの多くがグレー(全くの嘘ではないが一部は嘘など)であることはもはや常識になりつつありますが、アカデミックの世界ぐらいは正直であって欲しいものです。。

小保方氏の研究はねつ造だったのか?

『実験のブレ』『誤差』の範疇を超えているものと考えられます。
色々な資料を読んでいると、意図的だったんだろうなと思うことが多いです。
一番の理由は電気泳動か何かの図が加工されたものであったことです。
確信犯でなければできないことが沢山ありました。

許せないところ

個人的に一番怒りを覚えるところは、ねつ造を認めないにも関わらず、実験などの詳細を自分の口から語らないところです。
虚偽の実験内容で研究費を得ていたり研究者としてのポストを得ていたとすると、『犯罪』ではないかという気もします。
にも関わらず、真相は語らず、追及されると『身の危険を覚える』などと言って批判をかわすところが卑怯だと思います。

悪いことをしたら批判されるのは当然です

同情するところ?

私は会社で化学の実験を毎日行っていますが、『再現性がなくなること』がたまにあります。
良く調べてみると理由がわかることもありますが、中には全く原因がつかめないものもあります。
化学という生物と比較して純粋な系でもコレなので、生物系の実験なんて『むしろ再現性が取れることの方が珍しい』のではないかと想像しています。
とは言え、小保方氏のSTAP細胞がその類の問題とは考えにくいですが。

生物系の実験は大変だと思います。

科学的な態度を大切にして欲しい

商売が絡むことが多いとはいえ、本来の科学は『未知への探求』だと思います。
嘘のデータや不確かな結果をさも本当のように主張するのは、真理を目指す科学の姿勢からは外れています。
『悪魔の証明』とよく言われますが、明らかに嘘なことであっても、それを嘘と証明するのはかなり大変なことです。
人を欺くという道徳的な問題に加え、実際的な社会的な損失を与えたことを考えて貰いたいと思います。
と同時に、科学は性善説に基づいているという側面を忘れないようにしなければならないと感じました。

科学は信頼によって成り立っているんだ・・!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です