業界研究/企業分析

【業界研究】製紙業界は大丈夫なのか?【国内需要減】

財務

インターネットの普及に伴い『紙』の消費量が減っているのはご存知の通りだと思います。
そこで気になるのは製紙産業の業績です。
国内を代表する製紙メーカーである王子製紙や日本製紙、レンゴーなど、この紙需要激減という逆風の中、経営は健全なのでしょうか?

意外と大丈夫な理由

実は、意外かもしれませんが、製紙業界はそれほど大きなダメージを受けていないんですね。
なんと売上が増加している企業が多いです。
その理由を説明します。

①段ボール需要の拡大

インターネットの発達により紙需要が年々減っているのは統計的な事実なのですが、そのインターネットのおかげで『ネット販売』が活性化しています。
その結果どうなったかというと、商品を入れる『段ボール』需要が大きく増加しました!

ダンボール
それでどうなったかというと、段ボール大手の『王子製紙』や『レンゴー』は売上が右肩上がりに伸びていました

インターネットにより破壊された市場がインターネットにより恩恵を受けるという何とも複雑な話になっていますね。

各社ともにこの傾向はまだ続くと見ています。
ただ懸念は中国の段ボール生産量の増大です。中国メーカーとの価格競争がネックです。

②海外売上UP

実はもう一つ重要な要素が『海外での売上増大』という傾向です。

王子製紙は新興国を中心にM&Aによる拡大戦略を行っていることで有名ですが、実に営業利益の7割を海外子会社がたたき出しています。

今後、新興国の紙・段ボール需要はますます増加するものとみられており、王子製紙はさらなる増収・増益が期待されています。

株価も上がるといいですね!

製紙業界全体の収益

2018年度の製紙業界全体を総合してみても、営業利益は前年度と比較し33.2%の増収が見込まれています。
つまり直観的な予想に反して、製紙業界は成長していることがわかります。
(ソース:会社四季報別冊「会社四季報プロ500」 2019年 新春号 [雑誌])

では製紙産業は安泰なのか?

なるほど、段ボール需要の増大と海外売上比率の増加で、潤っている企業もあることがわかりました。
では、国内の製紙業界は安心と思っていいのでしょうか?

油断は禁物

やはり油断できるほど状況は甘くはありません。
懸念要素は以下の3つです。

  1. ペーパーレス化の更なる加速
  2. 価格競争の激化
  3. 次世代開発の失敗

段ボールで成長しているとは言え、ペーパーレス化の波は大きな逆風であることは間違いありません。
また、『紙』という素材はその性質上、研究開発による差別化が難しいです。
そのため価格競争に陥り、海外メーカーに負けるなどの懸念があります。

ぶっちゃけティッシュって、鼻がかめたらそれでいいよね?

今後、製紙産業がさらに発展していけるかどうかは、『セルロースナノファイバー(CNF)』やのような次世代型素材の開発を成功できるかにかかっていると言えるでしょう。
製紙産業と言えば『バイオマス発電』の開発も国の省エネルギー政策のもと重要です。

まとめ

  • 製紙産業は予想に反して意外に成長しています。
  • この要因は段ボール需要と海外売上の増加が主です。
  • 中国の動向にビジネスは左右されます。
  • セルロースナノファイバーなどの次世代素材で成功できるかが成長の鍵。

転職するならこのサイト

転職するなら、まずは大手転職斡旋会社を頼るのがベストです。
大手ほど、優良企業大企業など様々な案件を持っており、マッチングにより希望に沿う最適な会社・職種を紹介してくれます。
おススメはエージェントに何でも相談できて評判の良い『リクルート』か『DODA』です。

異次元金融緩和により大企業が潤っている今が、大企業への転職のチャンス!
アベノミクスによる大企業優遇政策の恩恵を受けよ!
ランキング1位 リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴は、豊富な案件と、『エージェント(アドバイザー)』の質です。
経験豊富なエージェントが、希望する職種などから会社とのマッチングなどを行ってくれます。エージェントに色々と相談できるところもポイント。転職業界でNo.1の実績。
評価

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 DODA
DODAも良い転職サイトです。様々な大企業の案件があり、エージェントにアドバイスを受けながら転職活動を行うことが出来ます。
リクルートにない大企業案件を調べたいときに有効。YAMAHAなどの案件あり。
評価

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 リクナビ
リクナビの特徴は、転職大手であることを活かした求人の多さです。
エージェントはリクルートに分があると言われていますが、案件の多さには引けを取りません。
評価

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です