大学別分析

【就活】(ビール大手)サッポロビールに入りやすい大学は?学歴重要度は?【データは語る】

今回は前回のアサヒビールに続き、ビール国内4番手である『サッポロビール』についての、就職における『学歴の重要性』について考えていきます。
繰り返しになりますが、就活にあたって会社の採用校実績を知ることは重要です。
一流大学ばかり採用する会社中堅大学からもある程度採用する会社など、間違いなく企業カラーが存在するためです。
まずは簡単にサッポロビールの企業紹介をした後、採用大学等について考察していきたいと思います。

会社の概要

まずサッポロビールの会社概要について簡単に見ていきます。

売上額は2018年度のデータ。平均年収は2016年度。
事業内容 ビール、ビール以外の酒類
主な商品 サッポロ黒ラベル、ヱビス、男梅サワー など
売上 約5,515億円
平均年収 不明(参考:初任給21万1000円)
特徴 ・ビール国内No.4
・売上ではアサヒなど大手3社に差を開けられている
・3年後離職率が少し高い(2014→2017年で離職率8.1%)

・院卒より大卒の採用が多い

サッポロビールは国内4番手のビールメーカーです。
上位3社(アサヒビール、キリン、サントリー)には規模で差をつけられています。

黒ラベルやヱビス好きなので残念。おいしいのに~。

求める人材は、『「で、どうする?」と何事においても主体的に考え、周りを巻き込み行動できる人財』とされています。

少し変わった面白い言い回しですね

大学群採用実績の比較

ではサッポロビールにおける、大学群別採用数を見ていきましょう。
ここでは『旧帝大』『早慶』『関関同立』などの括りで、サッポロビールへの過去29カ年における採用実績の”偏り”を見ていきます。

ダイヤモンド『大学の序列』を参考(後述)
サッポロビール_大学群別の就職実績(29カ年)
難関国公立7大学とは、東工大、一橋大、神戸大、筑波大、横浜国立大、首都大、広島大の7大学のことです。
大学によっては29カ年よりやや短い場合があります。
2017年までの統計データですが、全て連続したデータであるわけではありません。
データ分析
早慶と”MARCH”が多い

アサヒビールもそうでしたが、サッポロビールも『私大』からの採用が多いです。
MARCHからの採用が極めて多くなっています。
早慶から多いのはほぼ当然(?)として、関関同立からの採用もまずまず多いです。

旧帝大からもそれなりに採用されていますが、大手優良企業にしては少ない方かと思います。

アサヒビールと同様に、学歴はそこまで大事ではない

ただし、アサヒビールやサントリー、キリンと同様、日東駒専産近甲龍からの採用は少なくなっています。

ビールなどのBtoC企業は、応募人数が多いので学歴フィルターによる選別をしている可能性はあります

特に実績の多い大学ベスト10

では次に採用数の多い大学を、ランキングで見ていきます。

過去29カ年でのサッポロビールの就職実績
ただし大学によっては若干年数が異なる。
また、千葉大、横浜市立大学、大阪市立大、大阪府立大など一部の都市圏国公立と地方国公立は集計に入っていない
順位 大学名 採用実績(過去29カ年)
1 早稲田 153
2
慶應 90
3 明治 74
4 中央 43
5
北大 42
6 同志社大 39
7 青山学院 36
7 法政 36
9 東大 35
10 京大 32

アサヒビールほどではないが私大率が高い

1位は早稲田です。これはアサヒビールと同じです。
2位が慶応なのも、MARCHが多いのもアサヒと同じですね。

アサヒはトップ10のうち国公立は京大の1校だけだったことを考えると、サッポロビールは東大や北大もランクインしているなど、トップ10の国公立比率は高め。

とはいえトータルではアサヒとあまり変わらないでしょう

学歴重要度

サッポロビールの評価

学歴重要度:(少し低い)

私が判断したサッポロビールにおける就職での学歴重要度は、2.5です。

学歴重要度が2.5だったアサヒビールと同様、私立大学からの採用が極めて多くなっています。
確かに旧帝大や早慶からの採用も多いですが、学歴フィルターさえクリアしてしまえば、それほどシビアに学歴が効いてくることはないと言えます。

学歴重要度は就職データを数値化・分析し独自に判断してます
学歴重要度の根拠
  • MARCH・関関同立以上の私立大からの採用が極めて多い
  • 旧帝大などの難関国公立からの採用は、大手企業にしては多少少なめ
  • 学歴フィルター(恐らく)により日東駒専や産近甲龍以下の大学からの採用は少ない
これらの理由から、学歴重要度は2.5としました。

まとめ

サッポロビールは飲料メーカーらしく、学歴フィルターにかかりさえしなければ、あまりシビアに学歴が要求されるわけではなさそうです。

採用実績校の傾向もアサヒビールと似ており、MARCH関関同立以上の私立大学からの採用が多くなっています。

早慶がトップ2を占めることも併せて、私立大学からの採用が多くなっています。

OB・OG訪問サービス

ビズリーチ・キャンパス』はOB・OG訪問できるサービスです。
実際の会社の雰囲気を知ることは、就職を考える上で重要なことです。
そこで実際希望する会社に就職した自分の大学のOB・OGに直接出会えるのが、この『ビズリーチ・キャンパス』というサービスです。
OB・OG訪問をお考えの学生は、是非活用しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

参考) 週刊ダイヤモンド 2017年 9/16 号 [雑誌] (1982~2017 大学序列)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です