転職

【大企業】化学就職にオススメの転職エージェントおよびサイト【優良中小】

優良企業の多い化学メーカーの最大の特徴は、伝統的保守的な企業が多いことです。
そのため人材募集の際にも、古くからの付き合いのある業界大手の転職エージェントを採用している割合が非常に多くなっています。
なので化学メーカーの場合、あまり迷う必要はなく、無難に業界トップの転職大手から選ぶのが最も推奨されます。

その中でも化学転職に特にオススメの転職エージェントサイトを、ランキングで紹介していきます。

大手企業や優良ホワイト企業ほど歴史のある伝統企業が多い(化学業界)

住友化学三井化学などの財閥系のみならず、積水化学信越化学東レブリヂストンJXTGエネルギーなど大手化学系メーカーは歴史伝統のある企業ばかりです。
加えて、中小であっても優良ホワイト企業はほぼ100%歴史と伝統のある企業です。

化学業界はGoogleのような新興優良企業が異常に少ない。

現在、転職サービスはマ○ナビ転職やe○転職など何十ものサービスがあり、各社さまざまな特徴があります。
確かに、IT企業などは高収益企業であっても比較的新しい企業が多いので、新興転職エージェントの活用も見られます。

しかし、伝統のある化学メーカーはある意味保守的であり、実績のある大手しか基本的には採用しません。
そのため、化学業界への就職は業界大手の転職サービス選択しておけば大丈夫です。

優良化学メーカーへは大手転職サービスが有効

1位_リクルートエージェント

利用料無料!

その業界最大手の転職エージェントがリクルートエージェントです。
求人数・質ともに他を圧倒しており、化学系にとっても最も信頼できる選択肢です。

実際に知人もリクルートエージェントを活用して、ホワイト優良中小企業に転職できました。
優良中小への就職は、エージェントを活用する醍醐味ですよね。
特徴
項目 リクルートエージェント
タイプ 【エージェント】タイプ。
面接の日程や企業選びをエージェントと相談しながら進める。
面接練習をして貰えたり、企業との給与交渉もできる。
特徴 大手のみならず、隠れホワイトである優良中小化学メーカーの求人が多い。求人数は断トツNo.1。
エージェントも経験豊富で有益。
おススメ度

化学メーカーでよくある、『隠れ優良企業』『中小ホワイト企業』等は、自分の力だけで見つけるのは至難の業です。
そういう企業を狙う場合に特に、エージェント型であるリクルートエージェントの活用が活きてきます。

リクルートエージェントは中小優良化学メーカーの求人がある
(研究職、技術職、事務系など)。

2位_DODA(デューダ)

利用料無料!


DODAの特徴として、大企業公務員案件が多くなっています。
大企業でも、化学などのメーカー系が充実している印象。

特徴
項目 DODA(デューダ)
タイプ 【エージェント】タイプ。
面接の日程や企業選びをエージェントと相談しながら進める。
面接練習をして貰えたり、企業との給与交渉もできる。
特徴 大手化学メーカーの登録が多い。
また公務員系も多い。
おススメ度
DODAはリクルートエージェントに次いで業界2位となっています。
大企業ならDODA!

(研究職などの技術職求人として↓)
トクヤマ、三菱ケミカル、JX金属、ダイキン、LG(Japan)、ブリヂストン、サンスター、本田技研、TOTO、TOYOTA自動車、東レ、三井金属、東芝メモリ、ダイセル、デンソー、旭化成、出光昭和シェル、コニカミノルタ、SUBARU、東ソー、富士フィルム、日本ガイシ、三菱マテリアルなど多数。
(2019年9月時点)

3位_リクナビNEXT(転職サイト)

利用料無料!


大企業への転職の場合、転職サイトも有効です。

転職エージェントではなく、転職サイトです。
この2つは実は違います。

一般に中小の場合は優良ホワイトであっても知名度がないので、人材の集客が難しくリクルートエージェントなどのエージェントを活用する動機があります。

しかし例えば住友化学三菱ケミカルなどのブランド力のある大手化学メーカーの場合、特にエージェントからの紹介は不要です。なので、転職『サイト』への掲載で十分な訳です。

そして転職サイトの業界最大手がリクナビNEXTであり、ここに登録しておけば間違いありません。

特徴
項目 リクナビNEXT
タイプ 【サイト】タイプ。
自分で求人を探す。
特徴 大手化学メーカーが多数登録。求人数が多い。
エージェントとのやり取りが面倒という人にはおススメ。
また企業に詳しくエージェントが不要な場合もあり。
ただし、面接トレーニング各種相談事はできない。
おススメ度
ちなみに、リクナビNEXTとリクルートエージェントは、どちらも『(株)リクルートキャリア』が運営しているので、母体は同じです。

『大手』の転職サービスを活用するべき理由

大手サービスを利用できる財務体質


企業側にとっても転職エージェントへの利用料の支払いは、実はかなりの負担になります。

転職報酬として、1人あたり最低100万円前後を転職業者に支払います。

重要なのは、採用において高額な利用料を支払えるのは、優良企業だけです。
財務基盤がある企業しか、リクルート等の大手は活用できません。

大手転職斡旋会社の活用は、企業にとっても少なくない出費です。
しかし、大手の方が転職者の母集団も大きく質の良い人材が集まるので、企業側としてもコスト以上のメリットがあると判断しているのです。

採用にそれだけのコストを掛けることのできるのは、優良企業の証です。
なので、優良ホワイト企業に就職したければ大手転職エージェントを活用すべきです。

化学系はリクルートかDODAだけでOK。
他の新興転職業者は全て無視で大丈夫です。
化学はわかりやすくて良いですね。

オススメのプラン

実際、化学系への転職ヘはどのようなプランでいけばいいですか?
おススメするのは『転職エージェント』と『転職サイト』を1個ずつ登録パターンです。
転職エージェントはやはり有益なのでリクルートエージェントDODAのどちらかの登録をオススメします。転職サイトはリクナビNEXT一択です。
エージェントに関して、リクルートとDODAの両方を登録するのはどうでしょう?無料ですし。
基本的にエージェントと2人3脚でやっていくので複数の登録はあまりお勧めしません。しかし余裕がある方なら2つぐらいなら大丈夫です。
転職サイトも登録したほうが良い理由は?
転職サイトであるリクナビNEXTは、ハローワーク感覚で”気軽”に求職できます。無料ですし大手企業の登録が多いので、とりあえず登録して日頃から目を通しておくのが無難です。
上記3つの転職サービスは全て無料

まとめ

化学大手&優良企業は伝統企業が多いと言う化学独自の特色により、リクルートなどの実績のある大手斡旋会社を使った採用活動がメインである。
そのため、化学系の転職希望者は大手3サービス(リクルートエージェントDODAリクナビNEXT)の活用だけで十分である。

隠れ優良企業を狙う場合はエージェントを通してアドバイスを貰う方が、断然効率的。
一方、世間的に知られている大企業を狙う場合、待遇などが四季報等で既知の場合は、転職サイト(リクナビNEXT)の使用で十分な場合もある。

転職者はエージェント型サイト型、どちらも無料で活用できる。

化学業界へのおススメ転職サービス(まとめ)
サービス名 タイプ 特徴
リクルートエージェント エージェント 業界No.1。
化学大手優良中小の掲載多数。
エージェントの質◎
DODA(デューダ) エージェント 大手化学メーカー掲載多数。
リクナビNEXT サイト サイト型の業界No.1。
大手化学メーカーの求人検索はココ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です