大学別分析

【学歴重要度】(最新)三井化学に入りやすい大学

この記事では化学大手の三井化学に入りやすい大学について、学歴重要度(最新版)を見ていきたいと思います。

採用数の多い大学

2017-2019年データにおける三井化学に入りやすい大学を見ていきたいと思います。

採用数トップ10

2017-2019年の3ヵ年
順位 大学名 採用数 (人)
1位 早稲田大 25
2位 慶應大 19
3位 東工大 17
4位 京大 15
5位 阪大 13
5位 九大 13
6位 神戸大 12
8位 東北大 10
8位 名古屋大 10
10位 北大 9

(出所 東洋経済 「三菱 150年目の名門財閥」)

トップ10グラフ

2017-2019年の3ヵ年

三井化学_大学別採用実績(2017-2019)
三井化学は技術色の強い大手化学メーカーでありながら、旧帝大などの地味な高学歴より早慶の方が採用が多い傾向にあるようですね。その理由はよくわかりませんが、ラボが千葉などの関東圏にあることも影響しているのかもしれません。
とは言え、大学の立地に関係なく、基本的には高学歴であることが最低限要求される技術系の会社です。

まとめ

三井化学の(最新)採用実績について調べました。

これも従来通り、高学歴ばかりですね。
本当に、全国のトップクラス大学から満遍なく均等に採用したかのような採用実績になっています。
旧帝大早慶東工大からの採用が極めて多いです。

【就活】(総合化学)三井化学に入りやすい大学は?学歴重要度は?【データは語る】前回の住友化学に引き続き、総合化学メーカーの分析を行っていきたいと思います。 今回も同じく財閥系で『三井化学』の、『学歴の重要性』を見...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です