大学別分析

【就活】(ガス大手)東京ガスに入りやすい大学は?学歴重要度は?【データは語る】

ガス会社の学歴重要度

今回はガス業界で国内首位である東京ガスの学歴重要度を見ていきたいと思います。明治から続く伝統企業で、関東一円に都市ガス供給を行います。現在は電力含む総合エネルギー企業となっています。今回はそんな東京ガスに採用されやすい大学について考察します。

会社の概要

まず東京ガスがどのような会社か簡単に見ていきます。

2020年3月期(売上・利益)
事業内容 都市ガス、電力、海外、エネルギー、再生エネ、不動産など
主な商品
売上高 1兆9,300億円 (経常利益:1,030億円)
平均年収 657万円 (総合職)
特徴 ・ガス会社で国内首位の規模
・エンジニアリング含むガスインフラの供給が基本事業
・電力や再生エネ等にも参入
・LNG(液化天然ガス)の豪州での権益確保
・米の洋上風力企業へ出資
・社会人野球が有名でプロも輩出(巨人の内海など)
3年後離職率3.4%(2019年度)

国内2位のガス会社

東京ガスは国内ガス会社の中で、トップに位置する大手企業です。
インフラ整備含む都市ガス供給が事業の柱ですが、発電や再生エネ、資源の権益確保など、異分野へも積極的に参入しています。
同業他社としては大阪ガスや東邦ガスなどがあります。

都市ガスを基本とした総合エネルギー企業



大学群採用実績の比較

では東京ガス大まかな採用校の傾向を見ていきたいと思います。
『旧帝大』『早慶』『関関同立』などの括りで、過去29カ年における東京ガスへの採用実績の”偏り”を分析します。

ダイヤモンド『大学の序列』を参考
東京ガスへの大学群別の就職実績(29カ年)
難関国公立7大学とは、東工大、一橋大、神戸大、筑波大、横浜国立大、首都大、広島大の7大学のことです。
大学によっては29カ年よりやや短い場合があります。
2017年までの統計データですが、全て連続したデータであるわけではありません。
データ分析

早慶が多い

東京ガスの採用傾向を見てみますと、圧倒的に早慶が多いです。
旧帝大や難関国公立も多く、上位校に採用が集中しています。

早慶→旧帝大→難関国公立

特に実績の多い大学ベスト10

次に具体的に採用人数の多い10大学を、ランキングで見ていきます。

過去29カ年における東京ガスへの就職実績
(ただし大学によっては若干年数が異なる。)
また、千葉大、横浜市立大学、大阪市立大、大阪府立大、国際教養大など一部の都市圏国公立と地方国公立は集計に入っていない。私立ではICUが入っていない。
順位 大学名 採用実績(過去29カ年)
1 早稲田 402
2 慶應 351
3 東大 231
4 東工大 140
5 一橋 92
6 東京理科大 83
7 京大 76
8 日本大 65
9 明治 64
10 東北大 58

早慶および最上位国立大が多い

東京ガスの採用大学を見ますと、早慶が圧倒的に多く採用されています。
次に東大東工/一橋京大などの最上位校も多くなっています。

阪大も36名と集計されています。(意外に多い)
逆に名古屋大、九大、北大は10名前後と少なめです。

首都圏の難関大が多い

参考)週刊ダイヤモンド 2017年 9/16 号 [雑誌] (1982~2017 大学序列)



学歴重要度

東京ガスの評価

学歴重要度:

私が判断した東京ガスにおける就職での学歴重要度は、4.5です。
以下に理由を示します。

学歴重要度は就職データを数値化・分析し独自に判断してます
学歴重要度の根拠
  • 早慶が圧倒的に多い
  • 旧帝大も多いが、特に東大や京大が多い
  • 東工大や一橋などの最上位クラスの大学も多い
  • MARCH、日東駒専は採用が少なめ
  • ただし理科大や日大などの中堅私大も多いところはある

これらの理由から、学歴重要度は4.5としました。

参考)週刊ダイヤモンド 2017年 9/16 号 [雑誌] (1982~2017 大学序列)

まとめ

この記事では国内首位のガス会社である東京ガスの学歴重要度を見ていきました。

採用傾向としては、早慶が非常に強い企業であることが分かりました。
同じ関東であるMARCHよりも4倍近く採用されています。

旧帝大難関国公立も多く、東大や東工大などから多数採用されています。

やはりインフラ企業、求められる学歴水準が高いことがわかります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です