便利な化学ソフト

【ケムスケッチ】便利な機能「RS表記」

ケムスケッチの使い方(アイキャッチ画像)

化合物の異性体に関する記述方法の1つにRS表記法があります。
化合物のR体(右回り)、S体(左回り)を知りたいときは、ケムスケッチを活用することができます。

RS表記の出力方法

RS表記の出力手順を記します。

  1. ケムスケッチ上に化合物を描く
  2. 化合物を選択
  3. Tools
  4. Generate
  5. Stereo Descriptors

例えば以下の酒石酸は、R/Sが次のように出力されます。
酒石酸

ケムスケッチが自動で出してくれる!

まとめ

ケムスケッチを用いたR/S表記の出し方について解説しました。
テスト勉強などで、自分で色々と化合物を描いてみてケムスケッチで答え合わせするのもいいかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です