業界研究/企業分析

化学メーカーの社員が分析した日用品メーカーの情報【花王とか】

日用品上位4社

1位:花王

国内では売上・利益ともに断トツ首位。
研究開発費も競合他社を圧倒。
加えて広告宣伝費でも業界No.1。
洗剤などの界面活性剤を使用した製品が多い。原料メーカーでもある。

日用品業界研究開発費

採用は東大やその他旧帝大や早慶などが多い。技術系は大学院卒がほぼ必須。
高学歴かつ実績ありでなければ入社できない。

  • 売上高:1.5兆円
  • 海外売上比率:34%
  • 平均年収:816万円

ライバルはP&Gやユニリーバといった外資系巨大大手。

「リンスのいらないメリット」「ビオレママになろう弱酸性ビオレ」などCMでパッと思い出せる超有名製品多数。

代表製品:メリット, クリアクリーン, Success, ビオレ, アタック, など

2位:ユニ・チャーム

採用に関しては学歴は関係ないとはっきり明言。
採用実績を見ても本当だとわかります。

ちなみに、他に学歴不問をうたっている会社の一つに『ロート製薬』があります。

社員は優しいかつ意識高い系が多い。

生理用品や紙おむつで業界No.1

マスクやオムツなど高機能で高付加価値な製品が多く、高価格帯の商品展開である。
アジア圏を中心に海外進出が目覚ましい。(海外売上比率57%)
ペット関連商品も強い。

新卒採用実績校

岡山、学習院、関西学院、関西、京都産業、京都、九州工業、慶應技術、広島、香川、上智、神戸、聖心女子、青山学院、先週、早稲田、大阪、筑波、中央、長岡技術科学、東京、桃山学院、同支社、徳島、奈良女子、奈良先端、白鴎、福岡、縫製、北海道、名古屋工業、立命館アジア、立命館、明治、立教、北里、津田塾、九州、大阪市立、兵庫県立、など

確かにユニ・チャームの人事は「うちの会社に天才はいらない」「学歴はみない」と言っていたのを思い出します
  • 売上高:7110億円
  • 海外売上比率:57%
  • 平均年収:863万円

代表製品:ライフリー, 超快適・超立体マスク, ソフィ, など

3位:ライオン

花王に一歩劣る。
社員は特別優秀というより程々に賢くて優しい人が多い印象。
それほど高学歴でなくても入社できてます。
技術力研究開発力(費)では花王やP&Gに及びません。

歯磨き粉などの口腔用品が特に人気。

意外にも原料メーカーとしてBtoBで販売しています。
花王と共通

有給休暇取得率も高く、働きやすい会社です。
ワークライフバランスを重視する方はライオンが特におススメです。

  • 売上高:3956億円
  • 海外売上比率:26%
  • 平均年収:765万円

代表製品:クリニカ, トップ(洗濯洗剤), 植物物語,など

4位:アース製薬

殺虫剤メーカーとしてよく知られているが、日用品も展開している。

新卒採用者の3年以内離職率が異常に高いのは特出すべきところ。
(2015年:26.1%, 2016年:30.8%)

  • 売上:1095億円
  • 海外売上比率:10%以下
  • 平均年収:842万円

代表製品:アースジェット

5位:小林製薬

毎年、相当な商品数を開発している企業。
利益率が高く業績が良い。
ヒット商品もあるが、売れずに消えていく商品も多数。
アイデア商品が多い。

名前に「製薬」と書いてあるが、基本的に新薬の研究開発などは行っていな。
もっぱら既存化学物質を用いた「開発」が中心。

  • 売上:1508億円
  • 海外売上比率:16%
  • 平均年収:812万円

代表製品:ブルーレットおくだけ, チンして拭くだけアイボン, 熱さまシート, など

6位:サンスター

現在は拠点を日本から海外に移した。
その結果、近年急激に海外売上比率が増加している。

オーラルケアが売り上げの半分を占める。

  • 売上高:1359億円
  • 海外売上比率:48%
  • 平均年収:610万円

代表製品:GUMデンタルペースト, サンスター薬用塩ハミガキ, など

7位:ツムラ

津村順天堂という社名で創業した老舗の漢方薬品メーカー。
漢方薬という商品の性質上、海外展開はほとんどできていない。
国内ではほぼ一強状態で、向かうとこ敵なし。
今後、中国での売り上げ増を目指す目標はある。(2028年に中国で約1700億円の目標)

西洋医学ではない漢方薬の会社がここまで売上をあげていることに驚きました。

また待遇もかなり良いです。
漢方薬品という観点では、競合はクラシエ薬品や東亜薬品になりますが、2位以下を大きく突き放しています。

  • 売上高:1149億円
  • 海外売上比率:ほぼ0%
  • 平均年収:824万円

8位:エステー

消臭剤がメイン。「消臭力」が有名。
研究開発にあまり力を入れている印象はない。
(研究開発費も少なく、技術系の採用も少ない)
新卒採用でほとんど技術系を取らないので注意。

採用実績

16年度:14名/文系11名、理系3名
17年度:13名/文系11名、理系2人

  • 売上460億円
  • 海外売上比率10%以下
  • 平均年収676万円

代表製品:消臭力, ムシューダ, など

9位:フマキラー

殺虫剤や防虫剤などがメイン。
海外売上比率が半分ほどを占めるほど高い。

  • 売上高:424億円
  • 海外売上比率:46%
  • 平均年収:648万円

代表製品:アルコール除菌スプレー, フマキラーA, など

海外企業その1:P&G

トイレタリー・日用品業界で世界で圧倒的No.1
売上高約8~9兆円であり、花王をも圧倒する。

日本では「暮らし感じる変えていく」というフレーズを使用。
SK-ⅡやH&S、レノアなど超有名商品をたくさん抱える。

巨大グローバル企業であるが、日本のマーケットにおいてはシェア1位は奪えていない。
これは花王の存在が大きい。

外資であり仕事は激務であるようです。

代表製品:パンパース, SK-Ⅱ, H&S, レノア, パンテーン, ホールド, など

海外企業その2:ユニリーバ

本社がイギリスとオランダにある海外企業。
売上が7~8兆円(2017年度)あり、P&Gとネスレに次ぐ世界第三位の巨大グローバル企業である。
シャンプーなどの毛髪ケアが強い。

  • 売上高:約7~8兆円

代表製品:Lux, Dove, H&S, Lipton(紅茶), モッズ・ヘア, など

OB/OG訪問なら、インターンだけでは分からない企業の情報が手に入る。
実際にその企業で働いている先輩の話を聞いて、あなたの行きたい理由を見つけよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です