環境・エネルギー

【総合商社】(2019年度)5大商社の資源依存割合と内訳

総合商社の資源1

2019年度の総合商社資源割合とその内容についてみていきます。
この記事では総合商社は稼いだ額のうち、どれだけ資源分野から得られたのか、また特にどの資源が強いのか?などについて記載しています。

2019年度冬はちょうどコロナが発生した年で、総合商社も少しだけ影響を受けました。
(本格的に影響を受けたのは翌年2020年度です。例えば住友商事が大赤字でした。)

2018年度と2020年度については以下の記事をご参照ください
総合商社大手5社の「資源」依存割合を比較5大総合商社は実はかなりエネルギーや鉱物資源に対して投資事業を行っています。 資源系が売上や利益に占める割合も相当高くなっています。 ...
総合商社の資源1
【総合商社】(2020年度)5大商社の資源割合およびその内訳、今後の見通し総合商社大手5社は大小様々であるが、原油や天然ガス、鉄鉱石などの”資源”に投資していて、毎年巨額の権益を得ている。 特に2021年10...

利益における資源依存割合

純利益に占める資源割合(2019年度)
商社名 純利益 (億円)
資源の純利益 (億円)
資源割合 (%)
三菱商事 5,353 1,990 37.2
伊藤忠商事 5,013 1,268 25.3
三井物産 3,915 2,430 62.1
住友商事 1,713 227 13.3
丸紅 -1,974 -1,660
丸紅に関しては赤字であったため資源割合の算出は省いています。
資源の純利益比較(2019年度)
総合商社の資源由来の純利益比較(2019年度)
2019年度は丸紅が石油開発などで巨額の減損を行ったため、資源分野で大赤字となりました。

各資源権益における生産量

各天然資源の生産量 (2019年度)
商社名 石炭(※2)
(/年)
鉄鉱石
(/年)

(/年)
原油・天然ガス
(/日)
三菱商事 3,160万t 700万t 23.8万t 24.1万バレル
伊藤忠商事 950万t 2,320万t no data 4.2万バレル
三井物産 1,360万t 5,780万t 15.3万t 25.9万バレル
住友商事 590万t 560万t 5.8万t 0.57万バレル
丸紅 634万t no data 14万t 3.2万バレル

1バレル = 158.987リットル
(※2)上記の「石炭」の記載内容について
三菱商事、丸紅: 原料炭
住友商事: 一般炭+原料炭 (生産量比で約4:1。一般炭の方が多い。)
伊藤忠商事、三井物産: 一般炭+原料炭

伊藤忠商事の「銅」については、カナダでの探鉱権は2011年に取得していますが、まだ生産体制は整っていないのかもしれません。
丸紅の「鉄鉱石」については、オーストラリアのロイヒル社(Roy Hill inc)の権益の15%を保有しています。ただ生産量についてはIRにデータがないため不明。

原油・天然ガス生産量の比較

原油・天然ガス生産量の比較(2019年度)
総合商社の原油・天然ガス生産量比較(2019年度)
原油、天然ガスの生産量は三井物産と三菱商事が毎年圧倒的に強いです。

まとめ

2019年度の総合商社(5大)の資源割合についてまとめました。
順番は前後しますが、2018年度と2020年度の内容も一緒に眺めてみると、コロナの影響なども含めてより理解しやすいかもしれません。
今回は以上です。

ちなみに、5大ではありませんが、総合商社では「双日」も資源権益を保有しています。
レアアースなどに特徴があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です