環境・エネルギー

大手総合商社5社の原油(天然ガス)生産量を比較

総合商社大手5社の原油・天然ガス生産量の比較を行いたいと思います。
エネルギーおよび原料として極めて重要な原油および天然ガス。
総合商社各社はどれぐらいそれらを生産しているのでしょうか。

原油・天然ガス生産量の比較

直近3年の平均値(2018-2020年度)
(2018~2020年度)総合商社_原油天然ガス生産量平均_比較
三井物産 > 三菱商事 >> 伊藤忠商事 > 丸紅 > 住友商事

直近3年の生産量を比較しました。
原油・天然ガスについては、強いのは三菱商事三井物産です。
住友商事など他の3社を、生産量で圧倒しています。

住友商事は資源参入が総合商社の中で後発であったこともあって、少し規模で劣るところがありますし、伊藤忠商事は”脱資源”というスタンスなのでそこまで資源に力を入れていません。

天然ガスの割合

上記資料は原油と天然ガスの合算となっていますが、では割合はどうなっているか?
簡単に紹介します。

三菱商事

保有埋蔵量(2020年12月時点)

原油・コンデンセート 2.61億バレル
天然ガス 14.09億バレル
天然ガス比率 84.4 %

(参考:IR資料より)

三井物産

生産量(2020年度実績)

原油 17.3万バレル/日
天然ガス 7.2万バレル/日
天然ガス比率 29.4 %

(参考:IR資料より)

三菱商事の場合、ほとんどが天然ガスです。
事業グループに「天然ガスグループ」が組み込まれているぐらい、三菱商事は天然ガスを重視しています。

三菱商事の中の10個の事業グループのうち、1つが「天然ガスグループ」です。天然ガスで1つに独立しているのが凄いですね。。

逆に三井物産は原油の方が多めです。
ただ三井物産も天然ガスの比率は高めです。
社長も株主とのやり取りとの中で明言していた通り、天然ガスは再エネ以降までの”トランジション”を担う資源として三井物産でも位置付けています。

天然ガスは温室効果ガスが相対的に少ないので欧州や中国を中心に強い需要があります。
その他、天然ガスを分解して水素を取り出すことができるため、脱炭素の観点で重要です。(ブルー水素)

まとめ

五大商社の原油・天然ガス生産量を比較しました。

5大商社の中では、三菱商事三井物産がとりわけ生産量が多いことがわかりました。
また三菱商事はほとんどが天然ガスであることを確認しました。

原油も天然ガスも、重要なエネルギー資源です。
とりわけ天然ガスは地球温暖化防止の観点からも重要です。
今後も安定供給に努めて欲しいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です