ポートフォリオ

【投資】私のポートフォリオ定期公開(2021.1)

私の金融資産ポートフォリオ

私が保有する株式およびREITを公開します。(損益も!)
投資方針など、興味ある方はどうぞ。 (2021.01.15引け時点のデータ)

現物銘柄

投資方針:高配当、インフラ、オフィス・商業施設J-REITなどの底堅い銘柄

基本的に、投資する銘柄は実力のある会社や不動産の銘柄が中心です。
エムスリーなどのグロース株も魅力ですが、PERが高過ぎるので降りました。

ミドルリスク・ミドルリターンが期待できる割安(低PER)、高配当(4~5%)な銘柄や事業が手堅く優待が魅力などの銘柄に集中投資しています。

加えて、現在のポートフォリオは一言で言えば、「外部環境(コロナショック)が回復すれば自ずと株価も上昇する銘柄」になっています。

2021年1月15日引け
PF_20210116現物(特定) PF_20210116現物(NISA)

信用銘柄

現物と同じスタンス。ただしリスクを考え高配当比率高め。少し冒険銘柄も。

私はお金が潤沢に無いので、信用取引もしています。
なのでややリスクにさらされていますが、それを上回るリターンがあると考えています。
(ヘッジとしてANAはショートしています。)

2021年1月15日引け

PF_20210116信用1

PF_20210116信用2

緊急事態宣言以降、少しオフィスリートが弱いです。
確かに一部在宅ワーク(テレワーク)の働き方も浸透するでしょう。
しかし、私はオフィスの必要性を信じて疑いません。
J-REITの保有する大規模なAクラスオフィスの買い手がなくなるとは、あまり思えません。

だって、やっぱり効率悪いもんテレワーク。他にも色々問題があり過ぎる。
オフィスリート1
【投資】大型オフィスリート、買って買って買って!【コロナショック】コロナ前はREITの優等生だったオフィスリート。 それがいま、大暴落を経てかつてないほどバーゲンセール価格で販売されています。 今な...

あと、JR西と積水ハウスなどは、信用期限(6か月)が来たので一度売却し、再度購入しています。
JR西は16万円の大損となり、失敗しました。ここまで下がるとは全く想定しておらず、認識の甘さを痛感しました。ただし、すぐさま購入しなおし、株価も回復してきています。

国内株トータル

2021年1月15日引け
PF_20210116トータル

現在の国内株の含み益はおよそ120万円。
これらに加えて、「配当金」「譲渡益」もあります。
それらを合算すると、2020年のトータルでの収益は国内株では150万円ほどになりました。

米国株トータル

米国株には現物のみ投資しています。
VTI、VOO、SPYD、QQQなどの無難なETF、およびクラウドストライク、ビヨンドミートなどのハイパーグロース個別銘柄になります。
これらはおよそ+30%の含み益で、金額では20万円程度のプラスです。

米国株はあまりよく知らないので、無難な銘柄(ビヨンドミートを除く)にしか投資していません!

まとめ

日米トータル:+170万円(税引き前換算)

2020年は比較的良い年でした。
2021年は実体経済の方もコロナパニックからの脱却を目指していって欲しいです!

今後も割高でない優良銘柄にお互い投資していきましょう!

(広告)少額投資におススメのネット証券



高配当株 参考資料

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です