大学別分析

【就活】(五大商社)三菱商事に入りやすい大学は?学歴重要度は?【データは語る】

五大商社への学歴重要度

今回から5回、日本を代表する総合商社である大手5大商社(三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅)における学歴重要度を見ていきます。
まずは5大商社の中でもトップの座に君臨する三菱商事の『学歴の重要性』を見ていきたいと思います。

この記事では三菱商事の企業概要と、就職データから見えてくる採用の傾向について分析したいと思います。

会社の概要

まず三菱商事がどのような会社か簡単に見ていきます。

数字は2018年度のデータ。
事業内容 トレーディング(卸売り手数料)、投資(権益、金利、配当)、経営など
主な出資先 資源(原料炭、鉄鉱石、銅、LNG、原油など)
非資源(ローソン、三菱食品、日本KFC、三菱自動車など)
売上 16兆1,037億円
平均年収 1,607万円(42.5歳)
特徴 総合商社No.1(国内)
・資源にも相当に投資をしている。

・純利益で資源>非資源である。(およそ1.5倍_2018年度)
・しかしリスクヘッジの意味合いで非資源もかなり強化している。
ローソンや海外の石炭・鉄鋼会社などを子会社化
・TOYO TIREや三菱自動車などにも出資。
・2018年に資源価格高騰により過去最高益を記録!
・そのため平均年収も1607万円まで伸びた。
資源非資源の両方に強い磐石な経営基盤

五大商社すべてに言えることですが、近年は収益源を従来のトレーディング(卸売り)から、資源や企業などへの出資(投資)へと方針をシフトしています。
鉄鉱石からAI・IoT企業に至るまで、将来を見据えた”投資”を行っています。

三菱商事はその名の通り三菱グループに属する財閥系企業です。
資源系から非資源系に至るまで各方面へと投資を行っており、それらが順調な成長を遂げ高い収益を上げています。

投資先(資源、非資源とは?)
項目 内容
資源 油田、天然ガス、石炭、鉄鉱石、銅、その他金属など
非資源 衣料品メーカー、自動車メーカー、素材メーカー、化学メーカー、
病院、IoT関連企業、製薬メーカーなど資源以外の全て

三菱商事は資源だけでなく、非資源分野も育てています。
有名どころでは、『ローソン』を子会社化しています。

資源系はいったん収益が安定しだすと継続的に莫大な利益が得られるため”美味しい”投資先です。三菱商事は天然ガスや鉄鉱石、石炭、原油などの権益に出資しています。
資源投資へのデメリットは?
一つは市況に左右されること。
実際に2015年は資源価格の暴落により各社大赤字を出しました。
もう一つは開発リスク
順調に採掘が進めばいいですが、トラブルに見舞われると悲惨です。
今は?
今は資源価格が高騰しています。
そのおかげで2018年度は三菱商事を含む大手4社が過去最高収益!となりました。

三菱商事が求める人材は、『お客様やパートナー等、周囲の人々から信頼される人間性と、物事を最後までやり遂げる意志の強さを持った人』だそうです。

商社マンっぽいですね。
三菱商事は業界No.1

大学群採用実績の比較

では三菱商事の大まかな採用校の傾向を見ていきたいと思います。
『旧帝大』『早慶』『関関同立』などの括りで、過去29カ年における採用実績の”偏り”を分析します。

ダイヤモンド『大学の序列』を参考(後述)
三菱商事への大学群別の就職実績(29カ年)
難関国公立7大学とは、東工大、一橋大、神戸大、筑波大、横浜国立大、首都大、広島大の7大学のことです。
大学によっては29カ年よりやや短い場合があります。
2017年までの統計データですが、全て連続したデータであるわけではありません。
データ分析
五大商社の中でも『旧帝大』『早慶』比率が高い

5大商社の採用傾向は驚くほど一致しています。すなわち
早慶>旧帝大>>難関国公立 or MARCH関関同立>>日東駒専 or 産近甲龍
となっているのが基本です。

各社ともに同じような採用グラフをしています。比べてみて下さい。

旧帝大早慶の採用が多く、特に早慶からの採用数の多さは群を抜いています。
そして、関関同立クラスになると採用数がガクっと落ち、日東駒専産近甲龍に至っては殆ど採用されていません!

三菱商事も例に漏れず、同じような採用傾向となっています。
違いはというと、他の商社よりも旧帝大及び早慶の比率が高いという点ぐらいです。

旧帝大と早慶が極めて多い。(特に早慶)

特に実績の多い大学ベスト10

次に具体的に採用人数の多い10大学を、ランキングで見ていきます。

順位 大学名 採用実績(過去29カ年)
1 慶應 1124
2 早稲田 836
3 東大 707
4 一橋 328
5 京大 247
6 上智 194
7 青山学院 171
8 立教 131
9 学習院 123
10 日本女子大 84

早慶が断トツで、中でも慶應大が多い。
意外な所として、日本女子大学習院大からの採用がかなり多い。

少し違和感がある気もしますが、OB/OGのネットワークでしょうか。
あと成蹊大も11位です。

旧帝大からは、東大や京大がランクインするなど中々高学歴な集団です。

ちなみに阪大は13位、九大は14位です。
また、大手化学メーカーに強かった理科大は34位と奮いません^^;

集計されていませんが、カリフォルニア大学オックスフォード大学などの海外の大学からも多数採用されているのは見逃せません。

ちなみに理系も健闘しており、例えば2016年だと約2割が、2017年だと約3割が理系から採用されています。
(学卒も修士も。)

学歴重要度

三菱商事の評価

学歴重要度:(かなり高い)

私が判断した三菱商事における就職での学歴重要度は、4.5です。

学歴重要度は就職データを数値化・分析し独自に判断してます
学歴重要度の根拠
  • 旧帝大と早慶の割合が群を抜いて多い
  • 旧帝大の中でも東大と京大が多い
  • 日東駒専産近甲龍からは殆ど採用されない
  • 関関同立ですら殆ど採用されない
  • 海外の有名大からの採用も多い
  • しかし学習院大(9位)、日本女子大(10位)、東京女子大(11位)、成蹊大(15位)など、普通クラスの大学から、異常に採用されている例外がある
これらの理由から、学歴重要度は4.5としました。

まとめ

三菱商事は、傾向としては5大商社型と言えます。
すなわち早慶、次いで旧帝大が圧倒的に採用数が多くなっています。

三菱商事には関関同立クラスではかなり採用が厳しいです。
日東駒専や産近甲龍クラスになると、採用はほぼ無いと思った方がいいです。

しかし、学習院大や成蹊大、一部の女子大など、大学の難易度や格から考えると異常に採用されている大学もあります。
OB/OGネットワークにはアンテナを張っておきましょう。

理科大は三菱商事には×

企業研究を十分に行い、対策を講じましょう。

参考)週刊ダイヤモンド 2017年 9/16 号 [雑誌] (1982~2017 大学序列)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です